保守サービスが便利

中古コピー機を購入した後のサポートは非常に重要なものです。もし壊れてしまった時や不具合を起こした時に反応しないときはどうすればいいのでしょうか。そのような時には保守サービスが便利です。保守サービスのメリットについて解説します。

保守サービス保守サービスに加入することで基本的な修理の費用は無料です。定期的なメンテナンス費用や迅速な修理対応をしてくれます。またコピー機の修理頻度は普通の電化製品に比べて多く、保証に入っておかないと修理費用が高額になるケースもあります。そのようなことから保守サービスに加入することが必須だといえるでしょう。

またコピー機は壊れやすく、繊細な機械として知られています。湿気の問題や、急激な気温の変化が原因となり紙が詰まることもあります。

保守サービスは品質を保ち続けて、コピー機を守るためのサービスです。もしも業務中に突然壊れてしまったり、不具合が起きたら場合によっては業務が円滑に進まないことから困ってしまいます。そのようなことから保守サービスの仕組みを理解した上で活用することが大切です。コピー機はどんなに大切に使っていても壊れてしまう時や、不具合が起きてしまう時はあります。そのため保守サービスに入ることをオススメします。

自分にあった中古コピー機を選ぼう

中古コピー機を選ぶ時には種類がありすぎて困るものです。値段でコピー機を選ぶことも大切ですが使用頻度や使う機能でコピー機を選ぶことも大切になります。コピー機選びで失敗しないコツについて解説します。

まずは毎月どのくらい印刷するかを考えてコピー機を選ぶことが大切です。コピー機の値段の違いは、どのくらいの速度で印刷することができるかによって変わってきます。そのため印刷枚数が少ないのにも関わらず、早い速度で印刷できるものを購入してもお金のムダになってしまいます。

無線LAN使う機能にはどのようなものがあるでしょうか。たとえばカラー印刷やファックスの送信や拡大縮小機能などの基本的な機能から無線LANに対応しているかどうか、色々な印刷サイズに対応しているかも確認することがポイントになります。もちろん機能があればあるほど高額なコピー機になります。もしもいらない機能があったら、その機能がないものを利用するようにしましょう。

また失敗しないコツとして、色々なコピー機の見積もりを取ることになります。どうしてもひとつのコピー機だけを見てしまうと正しい価格なのか、お得な価格なのかを納得することはできません。そのようなことから失敗しないコツは自分の使い方を把握すること・使う機能の把握をすること・複数見積もりを取ることと言えるでしょう。

中古コピー機を選ぶコツ

いざ中古コピー機を選ぶとなってもどのようなコピー機を選べばいいのか、どのようなコピー機を選んでは選ぶべきかわからないものです。中古コピー機を選ぶコツについて説明します。

基本的なことで、中古コピー機を買う上で知っておかなければいけないことは、どのくらい使われていたかということや、整備された状態で出荷されるのかということです。

コピー機具体的には年式の確認と、カウンター枚数の確認をすることが大切になります。カウンター枚数は新品の状態から印刷枚数の累計枚数になり、この数値が少なければ少ないほど状態がよいコピー機と言えます。業務用のプリンターは毎日大量に使われていた恐れもあることから、事前に問い合わせをしてカウンター枚数を把握しておくことが大切です。

しかし、カウンター枚数が少ないからといって実際に印刷ができるかというと不安なところです。そのために購入する前に動作テストやテスト印刷をしてもらうことによって安心することが出来るでしょう。

基本的な中古コピー機を選ぶコツは、カウンター枚数が少なく、整備されているものがいいものだと言えます。実際にテスト印刷をする中で、印刷物に何か点や線が入っていた場合は別のものにしたほうがいいと言えるでしょう。お得に中古コピー機を選ぶには自分の目で確認することが失敗しない秘訣です。

中古コピー機を購入しよう!

コピー機起業や仕事をするうえで、オフィスにコピー機は必要なものです。しかし新品でコピー機を購入しようとすると、価格は100万円を超えることも珍しくありません。そこでオススメなのが中古のコピー機を購入することになります。

中古のコピー機を購入するコツは、自分がどのくらいコピー機を使うか、どのようにコピー機を使うかを把握しておくことです。コピー機の値段の違いは印刷速度と使える機能で差がついてきます。そのためコピー機で出来ることを見てからいらない機能があれば、もっと安くなるかもしれません。コピー機が必要だけれど毎日そこまでコピーをしない場合には、印刷速度がそこまではやくないものにしても業務に支障はでないでしょう。コストを抑えるためにそのようなところに注目をすることが大切です。

また中古のコピー機を購入後のサポートは重要になります。中古のコピー機は新品のコピー機以上に壊れやすく、もしも保守サービスに入っていないと壊れるたびに高額な金額がかかってしまいます。そのために保守サービスに入ることはほとんど必須と考えていいでしょう。〈参考HP:OAランド_保守契約

コピー機は繊細な機械で、わずかな要因で故障や不具合を起こしてしまうことも珍しくありません。業務中に壊れた場合や不具合が起きた時のことを考えても保守サービスに入るべきだと言えるでしょう。

このサイトでは中古コピー機を選ぶコツをはじめとして、自分にあった中古コピー機の選び方や保守サービスのことについて説明しています。